横浜に“家”を買いたい人のための「住みやすさガイド」 » 住宅ローンは固定金利と変動金利どちらがオトク?

住宅ローンは固定金利と変動金利どちらがオトク?

住宅ローンの金利について

金利の種類

住宅ローンの金利のタイプには大きく分けて2種類あります。固定金利とよばれるものと変動金利と呼ばれるものです。それぞれの特徴やメリット・デメリットを説明します。

固定金利

固定金利は至ってシンプルな仕組みです。その名の通り、お金を借入する際の金利がずっと固定されたものです。メリットは市場の金利が借入後に上がったとしても自分の借入時の金利は変更されない点です。金利が変わらないので、将来にわたってどの程度のお金が必要になるかが明確になるため、返済計画が立てられます。しかしながら、逆の場合も同じです。借入後に市場の金利が下がった場合でも金利は変更されません。最終的に払う金額が高くなってしまうので損をしてしまう可能性もあります。

変動金利

変動金利は少し複雑な仕組みをしています。一般的な変動金利は市場の金利の動きに合わせて自分の借入した金額に対する金利も変動するものです。このメリットは、市場の金利が下がった場合は自分の金利も合わせて変動するため、固定の場合よりも返済金額が減るということです。逆に金利が上がる場合も、それに合わせて自分の金利も上がってしまうので注意が必要です。市場金利の変動に合わせて返済額も変動するので返済計画が立てづらいのがデメリットです。変動金利と固定金利を合わせたタイプも存在します。借入後3年は固定金利といったように期間限定で金利を固定するものです。固定している分は返済額も確定しているので返済計画を立てやすいですが、変動の分は返済計画が立てづらいと言えるでしょう。

固定金利と変動金利どちらが得する?

で固定金利と変動金利どちらが最終的に得なのでしょうか。金利を選ぶ場合、現在の金利の低さに加えて、金利の優遇条件制度の両方を考慮する必要があります。金利の優遇条件制度というのは銀行があなたの支払能力や借入状況を判断して、支払能力があると判断されれば金利を下げてくれる制度を指します。これは人によって制度が適応になるかどうかが変わります。固定金利を選択するか、変動金利を選択するかはこういった制度が適応になるかどうかを確認の上、現在そして将来の金利の見通しを立てて決定する必要があります。どちらが得になりそうかというポイントは自分一人では判断できません。最終的には専門家に相談するのが良いでしょう。

取材協力「ホームタウンよこはま」基本情報

ホームタウンよこはまは、「どうしても横浜市に戸建を買いたい」というニーズにも応えられるよう、横浜市全体の物件情報を豊富に持っている住宅販売会社。

2018年で創業から23年を数え、それぞれのお客様に専属のファイナンシャルプランナーを用意しいて、資金計画の作成や、住宅購入後のライフプランアドバイスも行っているため、横浜市内に戸建を購入して住むことを検討するなら、一度は相談したい住宅販売会社です。

ホームタウン横浜画像1

週末ともなると110坪の広い店内は終日満席となる。予約をしてじっくり相談に伺いたい。

ホームタウン横浜画像2

横浜市内の未公開物件情報が常時1,000件閲覧できる不動産情報展示プラザ。予約は不要で自由に見学できる。

ホームタウンよこはまに
住み替えについて相談する

ホームタウンよこはまに
電話で問い合わせる
0120-694-790

会社名 株式会社ホームタウンよこはま
営業時間 午前9:00~午後10:00
アクセス JR東戸塚駅東口から徒歩2分。
TSUTAYA向かい「品濃町」交差点角
駐車場 専用駐車場が30台まで。車でもOK
所在地 〒244-0801
神奈川県横浜市戸塚区品濃町517番地1
パークハウス南の街1F
社員数 48名(単体) 106名(グループ全体)
資本金 1,000万円(単体) 4,300万円(グループ全体)
公式サイトURL https://www.h-town.co.jp/

横浜の他エリアの住みやすさを確認

       

ホームタウンよこはま_キャプチャ

       

横浜の地場不動産仲介業者では最大の売り上げを誇るホームタウンよこはま。
インターネットによる「横浜エリア不動産会社の満足度調査」(実査委託先ゼネラルリサーチ)では

●物件情報充実度:第1位
●顧客満足度:第1位
●スタッフ対応満足度:第1位

と3冠を達成している。
またファイナンシャルプランナーがそれぞれの顧客に専任で継続的なサポートをするという特殊なサービスも行っている。

今回は取扱い物件量が多く街の情報に詳しいということと、ファイナンス相談を常時行っていることから横浜エリアの不動産相場に明るいという理由から当サイト制作に当たっての取材協力を同社に依頼した。

       公式サイトで
物件を確認する