横浜に“家”を買いたい人のための「住みやすさガイド」 » ライフプランについて相談しよう

ライフプランについて相談しよう

未来設計は大丈夫?ライフプランについて考えよう

ライフプランとは?

そもそもライフプランとは何を指すのでしょうか。英語を直訳すると人生設計となります。生まれてから死ぬまでにどういったことが起こるかを、今ある情報を元に予測し計画を立てることを意味します。住宅購入を将来的に考えている場合、何歳で結婚するのか、子供は何人くらいいるのか、仕事はそのままなのか、給与の上がり方はどの程度なのか、老後はどうしたいのかといった長期的に見た場合のライフプランを立てる必要があるのです。

なぜライフプランを立てることが大切なのか?

ライフプランなんか立てなくても、その場その場で考えるから大丈夫という人もいるでしょう。ですが、多くの場合、前もって計画していないと資金がなくなったり、正しい判断を下せなかったりします。ライフプランを考える場合、単純な尺度で計画を始めてしまう人が多いのが現状です。例えば、今の仕事を定年退職するまで続けるとして、退職までの年数×年収という方程式で生涯年収を計算してしまう人も少なくありません。もし今の仕事がずっと続くならこの方程式でも問題ないでしょう。しかし、現代は技術の発展により今ある仕事の多くは機械にとってかわられるともいわれています。また、なんらかの理由で転職を余儀なくされてしまう可能性もあるでしょう。様々な視点から、ライフプランを立てることで、未来の見通しが立ち安心して暮らすことができます。

ケース別にみるライフプランの考え方

ライフプランは何も1つに絞る必要はありません。現時点で考えられる様々なケースを想定してライフプランを立てることが必要です。

夫婦共働きの場合の考え方

共働きの場合に重要となってくるポイントは奥さんの収入がどの程度安定して入ってくるのかというところです。旦那さんの収入をベースに、奥さん何年仕事をすれば住宅ローンの完済が見込めるのか、養育費が賄えるのかといったポイントを考えます。できるだけ安全に、そして安定してローン返済できるようにプランを組むことが必要です。そのためには、子供の出産や育児で働けない期間や給付金といった条件を具体的に確認する必要があります。

子供が成長した場合

子供の成長も見逃してはいけない1つのポイントです。小学校から高校までを公立の学校に通わせ、大学は私立文系の学校とするのが一般的です。しかしながら、近くに良い公立高校がなかった場合は私立高校に通わせることもあるでしょう。文部科学省の調査では、中学校から高校まで私立だった場合の養育費は、ずっと公立だった場合と比べて約370万円も高いことがわかっています。また、大学も医学部や海外の大学といった選択肢もあります。その場合はさらに費用がかかることは想像に難くありません。しっかりと子供の教育にかかる費用もライフプランに盛り込む必要があります。

家を建てる場合

従来、住宅を建てる際には頭金というまとまったお金が必要でした。最近では頭金0円で住宅を建てるという考え方も広がり、住宅メーカーによっては頭金なしでの受託をしているとこも数多くあります。金利が低い段階で住宅ローンを組めば、後々借り入れをするよりは費用が安くなります。しかしながら、頭金などの諸費用を住宅ローンに組み込むと金利が上がる可能性があるため、頭金は自分で貯蓄して一括で払ってしまう方が得になります。現時点で預貯金のない方は頭金分を先に用意する必要がありますが、賃貸住宅にお住いの方はこの限りではありません。購入した住宅に住むことで浮く家賃と、頭金分を住宅ローンに組み込むことで上がる金利分を天秤にかけて正しい選択をすることが大事です。

ライフプランについて相談するなら?

FP(ファイナンシャルプランナー)へ相談する

いくつかのライフプランのパターンを考えるとすれば、考慮しなければならない条件は無数にあります。家族で話あって決めることも大切ですが、ライフプランについては専門家であるファイナンシャルプランナーに相談するのも1つの手段として有効です。様々な希望を聞いて、いくつものパターンをシミュレーションしてくれます。家族だけの話し合いでは気づかなかった点やもっと改良した方がいい点などをアドバイスしてくれるでしょう。

取材協力「ホームタウンよこはま」基本情報

ホームタウンよこはまは、「どうしても横浜市に戸建を買いたい」というニーズにも応えられるよう、横浜市全体の物件情報を豊富に持っている住宅販売会社。

2018年で創業から23年を数え、それぞれのお客様に専属のファイナンシャルプランナーを用意しいて、資金計画の作成や、住宅購入後のライフプランアドバイスも行っているため、横浜市内に戸建を購入して住むことを検討するなら、一度は相談したい住宅販売会社です。

ホームタウン横浜画像1

週末ともなると110坪の広い店内は終日満席となる。予約をしてじっくり相談に伺いたい。

ホームタウン横浜画像2

横浜市内の未公開物件情報が常時1,000件閲覧できる不動産情報展示プラザ。予約は不要で自由に見学できる。

ホームタウンよこはまに
住み替えについて相談する

ホームタウンよこはまに
電話で問い合わせる
0120-694-790

会社名 株式会社ホームタウンよこはま
営業時間 午前9:00~午後10:00
アクセス JR東戸塚駅東口から徒歩2分。
TSUTAYA向かい「品濃町」交差点角
駐車場 専用駐車場が30台まで。車でもOK
所在地 〒244-0801
神奈川県横浜市戸塚区品濃町517番地1
パークハウス南の街1F
社員数 48名(単体) 106名(グループ全体)
資本金 1,000万円(単体) 4,300万円(グループ全体)
公式サイトURL https://www.h-town.co.jp/

横浜の他エリアの住みやすさを確認

       

ホームタウンよこはま_キャプチャ

       

横浜の地場不動産仲介業者では最大の売り上げを誇るホームタウンよこはま。
インターネットによる「横浜エリア不動産会社の満足度調査」(実査委託先ゼネラルリサーチ)では

●物件情報充実度:第1位
●顧客満足度:第1位
●スタッフ対応満足度:第1位

と3冠を達成している。
またファイナンシャルプランナーがそれぞれの顧客に専任で継続的なサポートをするという特殊なサービスも行っている。

今回は取扱い物件量が多く街の情報に詳しいということと、ファイナンス相談を常時行っていることから横浜エリアの不動産相場に明るいという理由から当サイト制作に当たっての取材協力を同社に依頼した。

       公式サイトで
物件を確認する