横浜に“家”を買いたい人のための「住みやすさガイド」 » 住宅の選び方
           

住宅の選び方

このサイトは 「ホームタウンよこはま」をスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

こちらのページでは住宅の選び方について紹介しています。さっそく確認していきましょう。

建物別・住宅の選び方

マイホームを探すときには、すべての方がどのような物件にするか迷います。やはり人生最大の買い物ともいえる住宅購入ですから当然のことでしょう。一戸建てかマンションか、また、新築なのか中古などか、選択の要素は大きく分けてこの4つになると思います。それぞれのメリットを見ていきましょう。

一戸建てを選ぶメリット

一戸建ての最大のメリットは、資産価値が大きいことにあります。居住することだけを考えれば、確かに駅から近かったり周辺環境が便利だったりするマンションも魅力的です。しかし、資産としての建物は年々減価償却されていき、土地がないマンションでは価値が下がっていくのです。将来の相続や万が一の売却などを考えるときには、一戸建てを選ぶメリットは大きいといえます。

マンションを選ぶメリット

マンションの大きなメリットは、その利便性です。敷地を入居者で共有することで低価格で駅に近かったり、買い物が便利だったりする環境を手に入れることができます。また、セキュリティーの充実や、マンションによってはスポーツジムや託児所などの共用施設が利用できるなど、高い利便性が期待できます。

新築を選ぶメリット

新築で一戸建ての場合を考えると、住宅の機能は新築のほうが断然有利となります。生活の快適性は新築のほうが高いでしょう。しかし、一戸建ては30年程度で改築や建て替えの必要がありますので、費用面を考えておく必要があります。一方、新築マンションの場合は建て替えということは建物の構造的にあまりかんがえなくてよいでしょう。20代、30代で住宅購入を考える際には、快適性を考えて新築にしたほうが良いかもしれません。

中古を選ぶメリット

中古物件を選ぶメリットは、なんといっても価格の安さです。一戸建てはもちろんですが、マンションの場合にはさらに割安感が顕著で、同じ予算でも広さや利便性は中古マンションのほうが上回ることも少なくないでしょう。将来の住居費用を考えると、中古物件は比較的シニア世代にあっているといえます。

住宅選びに迷うなら暮らしからイメージしてみる

どの住宅にするかは誰もが迷うことです。そのような場合には、自分の暮らしをイメージしてみると整理できることが多いようです。

まずどんな暮らしをしたいか書き出してみる

自分が住宅を購入して、どのような暮らしをしたいか、一度書き出してみましょう。例えば、日当たりが良いほうがいい、通勤時間を短縮したい、夜景が見たい、などです。ほかにも、設備はIHを入れる、お風呂は広くする、子供部屋は2階につくる、夫婦の部屋は同室にするなど設備や部屋の造りなども考えてみるといいでしょう。ともかく、思いつくままに書いてみてください。

譲れないポイントをチェックする

上記のように、どのような暮らしがしたいのか、自分のイメージを思いつくままに書き出したら、今度は譲れないポイントをチェックします。それ以外を消していけば、自分のイメージがより具体的に認識できると思います。より具体的に絞っていきたなら、いくつか物件のカタログやチラシなどを確認してみてイメージを固めていくといいでしょう。

当てはまるポイントが多い住宅を考えてみる

自分がどのような暮らしをしたいのか具体的にイメージできたら、それが一戸建てにあっているのか、マンションにあっているのかを検討しましょう。眺望が良いことを希望するならマンションが有利ですし、広さを希望するなら一戸建てというように考えていけば良いと思います。

どうしても住宅選びに迷うなら専門家に相談しよう

住宅の購入には、迷うことが当然です。さまざまな選択肢がありますし、予算や地域などの制限もあります。自分でとことん考えるのもよいですが、行き詰まってしまったら、専門家の意見を仰ぐのもよい方法です。違う視点で住宅選びのアドバイスがもらえます。

戸建て住宅におすすめの設備

戸建て住宅に取り入れる設備は、家族がそれぞれ気持ちよく暮らせるようにたっぷりとした収納スペースや快適な空間を叶える空調システムが人気です。

予算や間取りに応じて適した設備を選びたいところですが、近年では太陽光パネルと蓄電池の組み合わせのように、売電から自家消費へとシフトして省エネ・エコな生活を叶える設備も注目されています。

住まいの購入では土地や建物の値段が気になるものですが、住んでいくうえでかかるコストもしっかりと考えたうえで、計画的に設備を取り入れていきたいですね。

平屋と二階建てのメリットとデメリット

横浜で家を購入しようと考えた際、平屋にしようか、二階建てにしようか悩んでいる方もいるでしょう。

実際に購入した後に、やっぱり平屋または二階建てにしておけば良かったと後悔しないためにも、それぞれのメリットとデメリットについて理解しておくことが重要です。

特に階段があるかないかの違いは大きいといえます。慎重に判断したいと考えている方のため、平屋と二階てとではどのようなメリット・デメリットがあるのかについて解説します。

一戸建て住宅の費用はいくらかかるのか

一戸建て住宅の購入を検討している方の中には、費用面に不安を抱える方も少なくないでしょう。

数千万円単位の大きな買い物となるため、どのくらいの費用が掛かるのかは知っておきたいところ。また住宅にかかる費用は建物や土地の購入費用だけではありません。細かな費用もかかるため、しっかり理解しておくとよいでしょう。

一戸建て住宅にかかる費用の種類と一戸建て住宅の費用を安く抑える方法、さらに注文住宅と建売(分譲)住宅の費用の違いについて解説します。

戸建て住宅でできる災害対策

戸建て住宅を建てる際の災害対策は、地震や台風による被害が多い日本で暮らすために大切です。災害時に慌てることがないように、そして災害後も住み続けるために災害対策をしっかり行っておきましょう。戸建て住宅で災害時に備えるべきポイントや考えたい設備を紹介します。

注文住宅を建てる際の土地探しの方法

注文住宅を建てると決めたら、土地探しから始める方がほとんどでしょう。住みたいエリアなどを決め、日当たりや地盤などを確認することが大切です。場合によっては、土地の価格以外の費用が発生することもあるので注意してください。

お家選びで後悔しやすいタイミングと解決策

せっかくマイホームを購入したにもかかわらず、後悔するケースも少なくありません。たとえば家族構成が変わったときや災害に遭ったとき、ローンの支払いが苦しくなったときなどです。事前に様々なサービスを活用して、後悔しないマイホームづくりを行いましょう。

木造軸組工法

日本古来の伝統工法で、間取りの自由度が高く、増改築がしやすいなどのメリットがあります。ただ職人の技術力に影響されやすい、工期が長くなりやすいなどのデメリットも。メリット・デメリットを把握したうえで、どの工法で家を建てるのか検討してください。

木造枠組壁式工法

「ツーバイフォー(2×4)工法」とも呼ばれており「箱型」の構造で家を支えています。北米などで主流の工法となっており、耐震性・耐風性・気密性・断熱性に優れているというメリットがあるでしょう。ただ間取り変更が難しいといったデメリットもあります。

軽量鉄骨造

多くのハウスメーカーが採用している工法で、部材を工場で作成し、現場では組み立てるだけのケースがほとんどです。後期が短縮できる、品質が安定しやすいなどのメリットがある一方、間取り変更がしにくいといったデメリットもあります。

不動産の未公開物件とは?

不動産会社のサイトやネット上の広告でよく見かける未公開物件。完全未公開物件と、未公開物件の2種類に大別できます。人気エリアや人気物件の可能性があり、ライバルが少ないなどのメリットがある一方、物件価格が相場よりも高いというデメリットがあります。

鉄筋コンクリート造(RC造)

鉄筋コンクリート造(RC造)は、鉄筋の骨組みの周りにコンクリートを流し込んで固めた構造です。デザインの自由度が高く耐震性にも優れており、一般住宅でも人気があります。メリットが多い一方で、建築コストが高いのがデメリットです。結露やカビにも注意しなければなりません。

分譲住宅

分譲住宅とは分譲地の中に、まとめて建てられた住宅のことです。すでに完成している住宅を見学して、購入することになりますが、すぐに入居しやすいこと、デザインを確認した上で購入できることなどがメリットとなります。しかし自分好みのこだわりの住宅を建てたいという方にとっては、すでに完成していることはデメリットとなるでしょう。アフターフォロー体制が整っている施工会社を自分で選べないこともデメリットのひとつです。

二世帯で住む場合の建売住宅の選び方は?

建売住宅に二世帯で住む場合、完全共用スタイルなら広めの物件を選ぶのがおすすめです。また、キッチンは別々にしたい・バストイレだけを共用したいなどの希望がある場合は部分共用スタイルがおすすめ。すべての間取りを別々にしたい場合は完全分離スタイルを選ぶと良いでしょう。

家を買うのに一番良いタイミングは?

家を買うタイミングについて悩んでいる人も多いでしょうが、いつが買い時か明確に分かる人はいません。結局は買いたいと思った時に購入するのがおすすめです。一般的には、結婚や子どもの進学などのイベントに合わせて購入する人が多いようです。

基準地価の上昇で横浜市の家も高くなる?

2023年9月に神奈川県が発表した令和5年地価調査結果によれば、県全体で平均的に地価が上昇傾向にあり、特に横浜市では全ての区で地価上昇が認められています。地価は土地代や住宅価格に影響するため、横浜で家を買う場合も要チェックです。

戸建ての中古住宅の選び方は?

戸建住宅の購入費を抑える方法として、新築住宅でなく中古住宅を購入することも少なくありません。ただし中古の戸建てには経年劣化や以前の住民の暮らしによる影響などもあり、購入前にしっかりと確認することが必要です。

住宅の重要事項説明書とは?

住宅の重要事項説明書とは、不動産購入時に交付を義務付けられている、買い主に物件や取引の条件などの情報を知らせる書類のことです。重要事項説明書には具体的にどのような情報が記載されているのか、理解する上でのポイントを見ていきましょう。

災害に強い家の特徴や選び方は?

災害に強いといわれる家には、現行の耐震基準に則っていることや、十分な耐風性能を持っていること、水害対策が施されていることなどの特徴があります。また、立地条件や間取りなども重要。災害に強い家の選び方について見ていきましょう。

2025年の省エネ基準義務化とは?

2025年4月より、住宅の省エネ基準適合が義務化されることとなりました。さらに、2030年には省エネ基準の最低ラインがZEH水準まで引き上げられる予定です。そのため、住宅の省エネ性能が資産価値にも影響を与えるといわれています。

資産価値の高い家の特徴は?

資産価値の高い家には、いくつかの特徴があります。駅に近い家や災害リスクの少ない家、基本性能の優れた家は資産価値が高い家といえます。資産価値の高い家は売却時に高値で売れるので、将来のことも考えて住まいを選びましょう。

住宅の周辺環境の調べ方は?

長く住む住まいであれば、周辺環境を調べておくことは大切です。例えば、交通の利便性や周辺にある商店や飲食店、治安など、事前に調べておくと快適な生活を送れます。土地を購入する前には必ず下見に行き、快適な環境か見極めておきましょう。

建売住宅を買う時に注意したい駐車場

駐車場が必要かどうかは、自宅から駅までの距離やライフスタイルによります。もし駐車場が必要であれば、ゆとりを持ったスペースを確保しておくのがおすすめです。狭いと駐車や車の乗り降りも大変ですので、駐車スペースの大きさに注意してください。

中古のモデルハウスは購入できる?

モデルハウスとして展示されていた住宅は、購入することができます。新築住宅よりも低価格で購入できるメリットがありますが、建物の劣化や施工の不具合には注意が必要。中古住宅として扱われることがほとんどのため、瑕疵保険の対象外というデメリットもあります。

取材協力 sponsored by ホームタウンよこはま 

ホームタウンよこはまは、「どうしても横浜市に戸建を買いたい」というニーズにも応えられるよう、横浜市全体の物件情報を豊富に持っている住宅販売会社。

2018年で創業から23年を数え、それぞれのお客様に専属のファイナンシャルプランナーを用意しており、資金計画の作成や、住宅購入後のライフプランアドバイスも行っているため、横浜市内に戸建を購入して住むことを検討するなら、一度は相談したい住宅販売会社です。

ホームタウン横浜画像1

週末ともなると110坪の広い店内は終日満席となる。予約をしてじっくり相談に伺いたい。

ホームタウン横浜画像2

横浜市内の未公開物件情報が常時1,000件閲覧できる不動産情報展示プラザ。予約は不要で自由に見学できる。

ホームタウンよこはまに
住み替えについて相談する

ホームタウンよこはまに
電話で問い合わせる
0120-694-790

会社名 株式会社ホームタウンよこはま
営業時間 午前9:00~午後10:00
アクセス JR東戸塚駅東口から徒歩2分。
TSUTAYA向かい「品濃町」交差点角
駐車場 専用駐車場が30台まで。車でもOK
所在地 〒244-0801
神奈川県横浜市戸塚区品濃町517番地1
パークハウス南の街1F
社員数 48名(単体) 106名(グループ全体)
資本金 1,000万円(単体) 4,300万円(グループ全体)
公式サイトURL https://www.h-town.co.jp/

横浜の他エリアの住みやすさを確認

関連記事一覧
       

ホームタウンよこはま_キャプチャ

       

横浜の地場不動産仲介業者では有数の売り上げを誇るホームタウンよこはま。
インターネットによる「横浜エリア不動産会社の満足度調査」(実査委託先ゼネラルリサーチ)※では

●物件情報充実度:第1位
●顧客満足度:第1位
●スタッフ対応満足度:第1位

と3冠を達成している。
またファイナンシャルプランナーがそれぞれの顧客に専任で継続的なサポートをするという特殊なサービスも行っている。
※調査時期:2021年2月18日~19日、調査対象:全国の20代~50代の男女 1010名、調査概要:横浜エリア不動産会社10社を対象にしたサイト比較イメージ調査

今回は取扱い物件量が多く街の情報に詳しいということと、ファイナンス相談を常時行っていることから横浜エリアの不動産相場に明るいという理由から当サイト制作に当たって監修を依頼した。

       公式サイトで
物件を確認する