横浜に“家”を買いたい人のための「住みやすさガイド」 » 住宅の選び方 » お家選びで後悔しやすいタイミングと解決策

お家選びで後悔しやすいタイミングと解決策

マイホームを購入した時、最初は満足していても、しばらく経ってから後悔するケースは珍しくありません。このページでは、お家選びで後悔しやすいタイミングや、解決する方法を詳しく解説しています。マイホームで後悔したくない方はご一読ください。

家族構成が変わるとき

子どもが増えた

子どもが増えた後、住まいの間取りや広さに不満が出てしまうことも珍しくないでしょう。子どもが増えることで部屋が足りなくなったり、狭くなったりすると、より広くて大きいお家が欲しくなるかもしれません。賃貸なら広い物件に引っ越すのみで済みますが、持ち家ではそう簡単にはいかないでしょう。

介護が必要になった

親の介護が必要になった時、マイホーム購入を後悔する方もいます。例えば親の家と自宅が離れている場合、状況次第では実家に移り住む必要が出てくるでしょう。しかし、家を所有していると身動きが取りづらく、「買って失敗した…」と後悔する方は少なくありません。もし自宅で親を介護する場合、バリアフリー化の検討も必要になるでしょう。

【解決!】ファイナンシャルプランナーへ相談

家族構成が変化して後悔したくない方は、フィナンシャルプランナー(FP)への相談をおすすめします。子どもが増えた時や、場合によっては親の介護も見据え、住まいの間取りや広さ、マイホームの資金計画について相談してみましょう。

相談する相手がいない時は、「ホームタウンよこはま」の利用をおすすめします。ホームタウンよこはまにはFPが在籍しており、FPの視点からマイホーム購入のアドバイスやサポートを受けられます。

天気が荒れたとき

雨で近くの川が氾濫

川の近くの家を検討中の方もいると思いますが、川の氾濫には注意が必要です。雨で川が氾濫して家が浸水し、購入を後悔するケースも珍しくありません。もし家が浸水した場合、住まいの修繕費用がかさむばかりか、住宅の評価額が下落するリスクがあります。

裏山が土砂崩れしやすかった

裏に山がある家を買ったものの、土砂崩れしやすいことに気づいて後悔するケースも。大雨が降った時や、台風シーズンが来る度に、土砂崩れの不安にかられてしまう可能性もあります。

【解決!】土地について詳しい不動産へ相談

河川の氾濫や土砂崩れなど、災害のリスクを避けるためには、土地に詳しい不動産業者へ相談することをおすすめします。マイホームを購入する際は、交通利便性や周辺環境を重視しがちです。しかし、土地の海抜高度や河川の有無もしっかり調べる必要があります。

気になる土地やお家を見つけた時は、プロの目線で災害リスクを評価してもらいましょう。

ローンの支払いが苦しくなるとき

固定資産税のことを忘れていた

固定資産税の存在を忘れ、マイホーム購入を後悔する方も中にはいます。賃貸物件は固定資産税がかかりませんが、持ち家は土地・建物それぞれに固定資産税が発生し、毎年収める必要があります。住宅ローンの支払いに加え、税金の負担も増えるため、収入が少ない方は注意しましょう。

金利選択を間違えた

金利選択をミスして後悔してしまう方もいるようです。住宅ローンは、固定金利と変動金利がありますが、どちらがよいかは契約時の状況次第です。ただ、現在と将来の金利が同一とは限らないため、選択次第では金利負担が増加し、返済額が膨れ上がるおそれもあります。

【解決!】住宅ローンを比較検討できるサービスを利用

金銭的な理由で後悔したくない方は、住宅ローンの比較・検討が可能なサービスを利用しましょう。金利を比較し、無理のない返済が可能な商品を選ぶことが重要です。住宅ローンの負担が減少すれば、その分を固定資産税の支払いにあてられます。住宅ローンはしっかり時間をかけ、比較検討して選ぶことをおすすめします。

事前に防げる後悔はサービスを使って防ごう!

お家選びで後悔するケースは珍しくありませんが、そのほとんどは事前に防げます。さまざまなサービスを活用し、後悔しないお家選びを目指しましょう。

       

ホームタウンよこはま_キャプチャ

       

横浜の地場不動産仲介業者では最大の売り上げを誇るホームタウンよこはま。
インターネットによる「横浜エリア不動産会社の満足度調査」(実査委託先ゼネラルリサーチ)※では

●物件情報充実度:第1位
●顧客満足度:第1位
●スタッフ対応満足度:第1位

と3冠を達成している。
またファイナンシャルプランナーがそれぞれの顧客に専任で継続的なサポートをするという特殊なサービスも行っている。
※調査時期:2021年2月18日~19日、調査対象:全国の20代~50代の男女 1010名、調査概要:横浜エリア不動産会社10社を対象にしたサイト比較イメージ調査

今回は取扱い物件量が多く街の情報に詳しいということと、ファイナンス相談を常時行っていることから横浜エリアの不動産相場に明るいという理由から当サイト制作に当たっての取材協力を同社に依頼した。

       公式サイトで
物件を確認する